パラコードthumbnail

パラコード

パラコードについてまとめた解説ページ

概要

パラコードやロープのことをまとめたページです。
詳しい解説は各詳細ページを御覧ください。

ロープの種類と特徴

パラコードだけではなく、パラコードを含むロープ全般の説明になります。
ロープは大きく別けて「天然繊維」と「合成繊維」があり、それぞれの種類によって特性が変わります・
詳しく解説すると編み方や商品によっても変わってくるので、ここでは端的な説明に留めておきます。

天然繊維

綿ロープ麻紐などのことで、主に手芸やクラフトに使われる。
熱や摩擦に強い*1が、強度が弱いのでアウトドアシーンなどの荷重が掛かるシーンで利用することは少ない。
綿ロープは湿気に強く、水分を含むと強度を増す特性もある。

*1 熱には強いが、火には弱いので注意。

合成繊維

ナイロンロープ(パラコード)やショックコードなどのことで、主にアウトドアシーンで使われる。
耐久性や強度があり軽量だが、熱や水に弱い。
パラコードは伸縮性もあるので衝撃吸収などの特性もある。

キャンプシーンではナイロンのパラコードやゴムのショックコードが一般的だが、他にもクライミングで使われる伸縮性の低いスタティックロープや水に浮くポリエチレンロープ、耐候性が高いポリエステルロープなどなど、用途に合わせた性能を持ったロープが多々ある。

パラコードの選び方

パラコードはクライミングなどにも使われるので種類が多いですが、基本的には下のスペックのもので問題ありません。

  • 素材:ナイロン製
  • 芯:7芯
  • 太さ:3~4mm
  • 長さ:使用分+2~3メートル
  • 色・柄:好み

詳しい解説や注意点は下記記事をご参照ください。

パラコードの扱い方

パラコードの疲労蓄積などによる断線は触っている時ではなく、強い風に煽られた時などの負荷がかかった時など、目を離している時に発生します。
なので使用前のチェックや間違った保管方法は行わないようにしましょう。

詳しい解説や注意点は下記記事をご参照ください。
場所や長さによる使い分けなども紹介しているので一読しておきましょう。

ロープワーク

パラコードの色々な結び方は下記ロープワークで紹介しています。

オススメページ

Tips

ソーヤーミニは水道水で洗ってもいい?
薬品が含まれているのでNG ...詳しく見る
生木に火を付ける時は種火をどうする?
薪の上に作る ...詳しく見る

更新情報

人気ページ

人気料理

OMUSUBI グッズ

オススメ書籍

  • オススメ理由

    【洋書】ブッシュクラフトの第一人者モースコハンスキーによる技術書。

  • オススメ理由

    木のことについて細かく解説している本。小さいので持ち運びにも便利。

  • オススメ理由

    写真が多めでとっつきやすいブッシュクラフトの本。読み物と言うよりも見る物なのでネット検索と変わりなし。

  • オススメ理由

    サバイバルやブッシュクラフトについて写真が多めで解説している本。とっつきやすいので初心者にオススメ。

  • オススメ理由

    ナイフ博士と言っても過言ではない大橋正行さんの著書。ブログも楽しい。

  • オススメ理由

    【洋書】まさに技術書と言わんばかりに写真やイラストを使わずに文字尽くしている本。

  • オススメ理由

    日本のナイフについての解説本。著者の織本篤資さんの人となりも楽しめる。

  • オススメ理由

    Bushcraft 101の日本語翻訳本。洋書よりも写真が追加されて読みやすくなっている。

  • オススメ理由

    ナイフを歴史などを踏まえて解説していて、著者の人となりも合わさって読んでて楽しい作品。

  1. 人気ページ
  2. 人気料理