グリーンランドワックスの作り方

はしりゅう
グリーンランドワックスの作り方 image

材料を湯煎するだけで作れる防水加工用のグリーンランドワックスの作り方を解説。

材料

使用ツール

作り方

  • 作りたい料の半分の蜜蝋を取り分けます。
    今回は40gのグリーンランドワックスを作るので20g。

  • 蜜蝋と同じ量のパラフィンを取り分けます。
    今回は40gのグリーンランドワックスを作るので20g。

  • 取り分けた蜜蝋パラフィンを湯煎で溶かします。
    残ったワックスが入れ物にこびりつくので使い捨てにするか専用品を用意しましょう。

  • 成形用の入れ物にクッキングシートを敷いて溶かしたワックスを入れます。
    写真ではクッキングシートを敷いていませんが、固まった後に取りづらくなるので必ず敷きましょう。

  • ワックスが固まるまで常温で冷まします。
    40gでは5分ほどで固まりました。

  • 入れ物から取り出して完成。
    成形直後のワックスは柔らかく手で簡単に折り曲げられるので、塗りやすいように取り出してから長方形に整形し直しました。ドライヤーで軽くふやかしながらやると簡単に出来ます。

author photo
筆者 : はしりゅう

このサイトの運営者。キャンプ道具は軍物やシンプルな物を好んで使用中。ブッシュクラフトをもっぱら勉強中。

エールを送る

グッズ画像 グッズ画像

この記事が参考になったら、運営継続のためオリジナルグッズを購入してご支援いただけるとありがたいです。

オススメページ

Tips

木炭は土に悪影響?
土壌改良の効果があり、料理の油が付着してれば栄養素になる ...詳しく見る
夏下冬上とは?
夏は火種を下に置いて、冬は火種を上に置く炭の着火方法 ...詳しく見る

更新情報

人気ページ

人気料理

OMUSUBI グッズ

オススメ書籍

  • オススメ理由

    ナイフを歴史などを踏まえて解説していて、著者の人となりも合わさって読んでて楽しい作品。

  • オススメ理由

    【洋書】ブッシュクラフトの第一人者モースコハンスキーによる技術書。

  • オススメ理由

    写真が多めでとっつきやすいブッシュクラフトの本。読み物と言うよりも見る物なのでネット検索と変わりなし。

  • オススメ理由

    日本のナイフについての解説本。著者の織本篤資さんの人となりも楽しめる。

  • オススメ理由

    ナイフ博士と言っても過言ではない大橋正行さんの著書。ブログも楽しい。

  • オススメ理由

    【洋書】まさに技術書と言わんばかりに写真やイラストを使わずに文字尽くしている本。

  • オススメ理由

    木のことについて細かく解説している本。小さいので持ち運びにも便利。

  • オススメ理由

    サバイバルやブッシュクラフトについて写真が多めで解説している本。とっつきやすいので初心者にオススメ。

  • オススメ理由

    Bushcraft 101の日本語翻訳本。洋書よりも写真が追加されて読みやすくなっている。

  1. 人気ページ
  2. 人気料理