thumbnail

生木で焚き火

水分が多い生木で上手に焚き火をするコツ!生木ちゃんの攻略法を徹底伝授!

生木って?

キャンプやブッシュクラフトでは販売されている薪ではなく拾った木のことを指すことが多い。広義では拾った・切ったばかりの乾燥させてない木、根を張って生きている木のことを言う。

通常薪として販売されている木は1~2年乾燥させた物が使われていて、木の水分量が燃やすのに適した状態にされている。
が、生木は水分量が多く着火しにく火も消えやすい上に煙や煤も多い。生木を燃やしているとシュワシュワ言うのは木の水分が沸騰してるからね。
市販の薪に慣れてると着火剤を使ってもなかなか着火できない人もいるくらい。
ちなみに生えてる状態で含水率150~80%、市販の薪で含水率20%くらい。この含水率は木によって違い針葉樹の方が多く含まれている。

木・薪のページも是非見てみてちょ!

焚き火の準備

生木に火を付ける時に重要なのが、焚き付けや火口を大量に用意すること。
イメージとしては3~4種類の焚き付けで火を育ててから1番太い薪を入れる感じ。
燃やしていく工程としてこのくらい用意してもOK。

  • 1. 火口(麻縄など)
  • 2. 針葉樹の枯れた葉など
  • 3. フェザースティック数本や小枝や樹皮
  • 4. 親指くらいの枝
  • 5. 太い薪

失敗する人は焚き付けに火が移る前に失火しちゃう人が多いイメージなので、慣れるまでは火口も多めに用意して焚き付けも枯れた葉っぱなどの着火性の高いものを用意しておく。
火が付いてからの数十秒が1番難しくて、1分も火を保てたら後はもう余裕。

焚き付けも4~5分燃やし続けられるくらい用意しても大丈夫なくらい。
それをチマチマ焚べていくんじゃなくて、一気に手に持って火口の上で多少炙りつつ、火が付く~ってなったら酸欠なんて気にせずそのまま火の上に乗せちゃいましょう。
フェザースティックを使用する場合は、フェザーの細かさや多さにもよるけど3~4本あると楽。
それじゃあ意味ないよってフェザーもたまに見かけるので下手な人は注意。
あと細めの物で作ることね。

枝を拾う時もグニャッっと曲がる枝は水分量が多いので、ポキッと乾いた音がする枝を選ぶようにすること。
葉っぱも緑色の葉は水分があるので茶色くなってる物を拾うようにする。
あと市販の着火剤を使うならだいぶ楽ちん。焚き付けとかいらないくらい楽ちん。そのくらい最初の火が肝心なのね。

生木で焚き火

生木で焚き火をする時は以下の3点に気をつけてみてください。

  • 生木を下にして、上に種火を作る。
  • 細い枝や火が着きやすい部分は密着するように並べる。
  • 斧やナイフでささくれを作る。

生木を下にして上から火をつければ、生木から出る煙に含まれてるガスを種火が燃焼に使ってくれて煙も少なく二次燃焼のような構造で効率よく燃やすことが出来ます。
太い物から上に行くほど細くなるように配置してあげましょう。
この大量に投入する方法は「どうにもこうにも煙くてたまらんっ!」て時にも有効。ただ火力も上がるから注意ね。

そして生木は火がすぐに消えてしまうので、細い枝などは火と火が密着するように隙間なく配置してして火が消えないようにすること。
酸欠になるくらい被せても大丈夫。というかそれくらい乗せて熱が逃げないようにした方が良い。

あとは斧やナイフでささくれを作って火が着きやすい部分を人為的に作る方法。フェザースティックでもいいし、ただのささくれでもOK。
ラーパナンヴァルケアというフィンランド式のウッドストーブの要領かな。

7:28~の映像で手に持ってる方の丸太に切れ込みが入ってるのがわかると思います。
こんな感じにささくれとささくれをコンニチワさせて火を付けると、火と火が密着しつつ酸素もいい感じに摂取できて燃やしやすくなります。

生木は酸素をけっこう必要とするから火吹き棒でフーフーするのもいいけど、そこで上がった火をちゃんと次の燃焼に使えるように上記のことを試してみてね。
1番大切なのは着火してから1分間火を保てるような焚き付けを揃えられるか。
あと火が落ち着くまで触らないこと。

慣れちゃえば何で火が付けられなかったんだろうって思うくらい簡単にできるよ。

ちなみに火が消えやすいのは水分量が多いだけではなく水分を蒸発させるのに熱量を使っちゃうから。それで煙が多いし不完全燃焼が起きて煤が多くなるってわけ。
焚き火の基礎知識のページも是非見てみてちょ!

薪は三度人を暖める

古いことわざで「薪は三度人を暖める」ってのがあります。

  • 1度目:薪拾い・薪割りで暖める
  • 2度目:薪を燃やして暖める
  • 3度目:その火で作った料理で暖める

イイハナシダナー。

Tips

銅は何を保護皮膜に使ってる?
アルミクッカーの取っ手がステンレスの理由は?
熱くならないように ...詳しく見る

更新情報

人気ページ

人気料理

人気グッズ