焚き火の基礎知識

はしりゅう
焚き火の基礎知識 image

意外と知らない?焚き火をする時に知っておきたい基礎知識。

メカニズム

まずは燃焼のメカニズムをおさらい。
消防の世界にファイヤートライアングルなんて言葉があります。「熱・燃料・酸素」の三要素を三角形の図で表した物で、消防ではこの三要素のどれか一つを取り除いて消火に当たるそうな。

ファイヤートライアングル
ファイヤートライアングル

「熱が燃料を加熱して、発生した可燃性のガスが酸素と結びつき、燃焼して熱が生まれて、燃料を加熱して...」というような連鎖反応で燃えてるんです。メラメラ

すなわちこの三要素のどれか1つでも損なったり、トライアングルの比率が偏れば火が消えてしまうということ。
焚き火の時に特に多いのは薪が大きい燃料過多可燃ガスを出しきれない熱不足の2つ。
丸太を燃やそうとして表面を焦がしただけで放置されている物を見かけたり、熾火状態で炎が上がらないって現象多いと思います。
家ですら燃えて無くなるんだから丸太も燃えないことはないけど火事と同じくらいの熱量が必要ね。
火吹き棒でフーフーすると炎が出るのは酸素を送っているのもあるけど、薪の熱量が増えて燃え上がってる要因が大きいです。だので吹くのを止めると外気に熱を奪われて徐々に炎が消えてしまうの。
直火の時に石でかまどを作るのは蓄熱と外気に熱を奪われなくして火を絶やさないためでもあるのだ。

燃料過多の原因は薪が大きいことにあるので、大きい薪を入れるのは「小枝→枝→細く切った薪→薪」など小さいものから順に燃やして火力を上げてからね。
熱不足の時も同じように燃えやすい小枝などを大量に燃やして熱量を上げてあげるといい。酸欠になるーと思うかもしれないけど覆い被すほど入れることによって熱の逃げ道を遮断するのです。
またある程度焚き火を続けてると薪がバラけてしまって熱が散乱してしまうので、熱で熱を温めるように定期的に1点に集めてあげよう。

注意が必要なのは生木の時。これは水分量などもあるので「細いのに燃えない」や「そこそこ太いけど良い火を上げる」など様々。

酸欠で炎が上がらないこともあるけど、大概は焚き火台の形状や薪の組み方なので目を配って気をつけるほどではないかと。
ちなみに酸素を取り込みやすい形の焚き火は熱を放出しやすく、熱を蓄えやすい焚き火は酸欠になりやすいです。
1番火力があるのは酸素を取り込みやすい形で、安定してるのは熱を蓄えやすい形。

※ファイヤートライアングルですが、最近では三要素に化学反応も取り入れたファイヤーテトラヘドロン(四面体)なんて言葉に変わりつつあるらしいです。

木・薪のページや生木で焚き火のページも見てみてね

適した場所

焚き火をする時に場所選びも重要で、これによって火が上がらないなんてことはないが不便になることが多い。
とは言ってもキャンプ場などテントを張る場所が決まっているような場所ではそんなに影響は無い。
以下はサバイバル本で見かけたやつ。

  • 風が当たらない場所
  • シェルターから便利な場所
  • 木などの燃料が手に入る場所

基本的には焚き火を何に使うのかで場所を決めること。皆で囲むのか、料理に使うのか、暖を取るのか、光源としても活用したいかなど。
1番の「風が当たらない場所」で注意したいのはテントの向き。焚き火をする時はテントの入口側でやるはずなのでテントの入口が風下になるとテント内も煙くなるけど、焚き火の煙で目も開けてられない状態になりかねない。
基本的に風は川と平行に吹くので川っぺりでやる時は参考に。

上記の3点に加えて個人的に追加したいのは、地面や火の粉の影響範囲に燃料がない場所
落ち葉だらけの場所や芝生の上、周りに乾燥した草などが生えている場所などなど。キャンプなどの野外活動では”もしも”が起こり得る確率で身近に潜んでいるので「火の粉で離れた場所の落ち葉に引火」なんてのもありえます。
火の粉の大きさや風の具合で全く変わるけど、火の粉の飛ぶ距離は50m~200mもあるそうな。
強風時は2kmも飛んだそうな。クワバラクワバラ

悪天候の時

雨や雪が降ってる最中や止んだ直後でも対策をすれば焚き火も普通にできちゃいます。
まず焚き火をする場所。第一は「屋根のある場所」。橋の下とか木が屋根代わりになっている場所だけど、まぁ…当たり前やね。

屋根がない場合は、火床に石を敷き詰めて地面の濡れを防げる「石を組める場所」。石自体が雨に濡れていてもひっくり返せば乾いた面が出てくるぞ!

石がない時は「土を掘る」です。大抵の雨雪なら5cmも掘れば乾いた土が出てくるのでそこを火床とします。流れてくる雨は火床の周りに溝を掘って受け流そう。

薪にする木が濡れている場合はナイフなどの刃物で表面をこそぎ落とすか、斧やバトニングで割れば乾いた面が出てきて、そこから問題なく燃えてくれる。焚き火の火力が上がれば濡れたままでも燃えてくれるし、雨の濡れくらいなら焚き火の周りに薪を置いて乾かすこともできるぞ。
焚き付けを多めに使うのがポイント。

火が付かないくらいの雨が降っている時は、高めの石のかまどを作ってから草や小枝群をかまどの上に乗せて簡易的な雨避けを作ってあげよう。

芝生の時

芝生の時はめくって土を出してあげればそこを火床として使えます。めくった芝は形を保ったまま近くに置いておいて、焚き火が終わったらそのまま芝を戻すのが礼儀。
この時地面の熱をしっかりとってから戻すこと。
もちろん芝には良くないので批判の嵐。なので秩序を守ってやること。人が管理してる場所でやったら大変なことになりかねない。

一応Youtube置いておきます。撤収シーンは23:21から。

火床作り

これも焚き火で結構重要な項目だよ火床作り。焚き火台を使う時はロータイプの物でも無い限りあまり関係ないかも。

大きさ

火床の大きさは使い方にもよるけど両手を軽く開いたくらいの大きさがベスト。だいたい30cm~50cmくらいかな?個人的には小さいのが好きなので20cm~30cmで作ってます。
あまり大きくしすぎると熱が分散され蓄熱性も落ち、十分な焚き火をしようとすると大量の薪を消費する燃費の悪い物になってしまうので注意。
あとは自分の持ってる五徳や調理ギアの大きさに合わせて作ると便利。

穴を掘る

まず直火でよく目にするのが「穴を掘る」。これは上で説明した石のかまどと一緒で蓄熱と防風効果があるんだけど、闇雲にただ穴を掘るのは逆効果。
物を燃やした時に発生する一酸化炭素や二酸化炭素は空気より重くて穴の底に溜まっちゃうし、周りを土の壁で覆われて吸気ができずに燃焼の妨げになるだけ。
穴を掘る時に大事なのが以下の3点。

  • 斜面にする
  • 穴の上で火を起こす
  • 大量の薪を燃やす

斜面にする
これは火床を斜めにすることで壁の1面が無くなり空気をよく取り入れられるため。かまどで1箇所オープンにするのと同じ感じ。
空気を取り入れつつ蓄熱と防風の効果もしっかりあるけど風と一緒に水も侵入しやすくて雨にめっぽう弱いので注意。

斜面にする
斜面にする

穴の上で火を起こす
これは酸欠と一酸化炭素や二酸化炭素が溜まってしまうのを防ぐためで、穴の上に燃えにくい太い薪や濡れた薪を橋のように渡してその上で焚き火をするやり方。100均の網なんかを穴の上に置いてもいいし、穴じゃなくて溝でもいいよ。
熱の上昇気流によって穴から空気を取り入れられる吸気に強い火床になる。が、石のかまどなど作らないと蓄熱・防風にはならない。

大量の薪を燃やす
これは囲炉裏としての使い方になっちゃうけど、大量の薪を燃やして穴を灰でいっぱいにしておいて、寝る前に熾を灰の中に入れておけば朝や昼に熾を掘り起こせばすぐに着火できるって寸法。

かまどを作る

何度も話に出てきた石のかまどちゃん。同じ高さくらいの石を火床の周りに並べて蓄熱・防風や五徳の足にしたりする石のかまどちゃん。

image photo

グループで囲むような大きなかまどの場合は1周全て石で囲んでもいいが、基本はコの字型にして空気の取入口を作るのがミソ。
石の変わりに太い倒木を使っても可能。火が当たっても焦げはするけど燃えてしまうことは滅多に無い。

火起こし

火起こしは着火具で火口に火を付けるだけ。
この時に大事なのが、しっかり火口焚き付けを用意することと、量を確保すること。
乾燥した薪の場合はバトニングで細く割ったりフェザースティックなんかでOKだけど、薪を拾って焚き火をする場合は3~5種類くらいの太さの焚き付けや薪を用意して、小さい枝から順に燃やして徐々に火力を上げて太い薪に火を付けていく。
焚き付けは火力が弱くなった時にも使えるので余るくらい用意してOK。というか慣れない人は太い薪以上に集めてもいいくらい。

着火剤など火が消えにくい火口を使う場合は、細い枝を下にして上に行くほど太くなるように一気に薪を焚べてもしっかり燃えてくれたりする。
酸欠になりそうだけど着火剤が消えない限り小さい火が小さい火を呼んでどんどん燃えていくよ。上で説明した熱で熱を~ってやつだね。

火床に太い薪を敷いて上に火口を置く方法もありけり。この方法だと自然に火床の薪に火が付くのでズボラ焚き火をする時に便利。

主な着火具はこちら

  • ライター
  • マッチ
  • フリントライター
  • ファイヤースターター
  • 火打ち石

ライター・マッチ

ライターやマッチは定番ね。マッチはロウでコーティングすると防水になって雨の日でも簡単に火が付けられるから新聞紙と一緒にバッグに忍ばせておくと便利。マタギのやり方ね。

フリントライター

フリントライターはZippoやライターの着火部だけのような商品。
ファイヤースターターや火打ち石と違いフリントライター1つで着火できてライターやマッチのように残弾数が無いのも利点。(フリントは減るけど)

VARGO VARGO
VARGO

ファイヤースターター

ファイヤースターターは鉄、セリウム、マグネシウム等が合わさった棒状の物で、ストライカーと呼ばれる板状の物で擦って火花を散らす着火具。ストライカーの変わりにナイフを使うこともできる。あと名称がたくさんある。
ファイヤースターター、ファイヤースチール、フェロセリウムロッド、フリントロッド、メタルマッチ、火打ち石、なんて呼ばれたりする。正式名称はフェロセリウムロッドなのかな?知らんけど。

image photo image photo

火打ち石

火打金を火打ち石に打ち付けて火花を散らす着火具。
火打金は炭素鋼でできていて、火打ち石はチャートや黒曜石など硬い岩石を使用する。石は川や山で拾えたりする。
火打ち石を使用する時はチャークロスやティッシュなど最高に燃えやすい素材が必要。

image photo image photo

焚き火台

焚き火台も種類が多くそれぞれ強みや目的が違うので自分にあった焚き火台を探すのもキャンプの楽しさの一つ。
コンパクトで便利なものや料理に向いているもの、火を楽しむのに向いているものなど、焚き火台にあった焚き火を楽しんでみましょう。
130個以上の焚き火台が載ってる比較ツールも参考にしてみてね。

見る焚き火に最適

snow peak & Coleman snow peak & Coleman
snow peak & Coleman

デフォルトで五徳がないので料理するには工夫が必要だけど、ゴウゴウと炎を上げて焚き火をするのに最適な焚き火台。
焚き火台自体も大きく高さもあり箱型になってる物が多く、大きさも量も気にすること無く薪を焚べられるのが特徴。
収納性よりも見た目に拘ってる物が多いので写真写りもバッチリ。

コンパクトでどんな薪もお茶の子さいさい

BUNDOK & ピコグリル BUNDOK & ピコグリル
BUNDOK & ピコグリル

収納性がよく軽量・コンパクトだが、火床が大きくどんな薪もばっちこいな焚き火台。壁になる部分がないオープンな構造なので薪が崩れたりすると地面に落ちることもある。
収納性に力を入れている物が多いので組み立てに各社の工夫がれ見られたりするが、耐久性が低いものも多く火床は消耗品に近い。
背が低いので利便性を求めるソロキャンプなどにオススメ。

料理もお手の物

LOGOS & UNIFLAME LOGOS & UNIFLAME
LOGOS & UNIFLAME

五徳やオプションもあり料理をすることを想定された焚き火台。吸気効率を熟考された物も多く炭もお茶の子さいさい。

ソロキャンプにぴったり

UNIFLAME & 笑's UNIFLAME & 笑's
UNIFLAME & 笑's

大きさも手頃でコンパクトに収納もできて料理もこなす1人で何役も受け持つハリウッド級の焚き火台。
器用貧乏感はあるけど種類も豊富だから選び放題。見た目が良い、コンパクトで軽量、機能面などどこに力を入れた焚き火台なのかで選びたい。
箱型や火床が小さいものが多いので薪を細かく切らないと入れられない。

変わり種

SPORTES & tent-Mark SPORTES & tent-Mark
SPORTES & tent-Mark

他の焚き火台とは一線を画する独自性に特化した焚き火台。
使い勝手は悪そうだけど不便を超えたその先に満足感が待ってる。焚き火台への愛が必要。

焚き火台の材質についてはこっちが参考になるかも。

author photo
筆者 : はしりゅう

このサイトの運営者。キャンプ道具は軍物やシンプルな物を好んで使用中。ブッシュクラフトをもっぱら勉強中。

Tips

ご飯をパラパラに炒めるには何を入れる?
マヨネーズ ...詳しく見る
ソーヤーミニは水道水で洗ってもいい?
薬品が含まれているのでNG ...詳しく見る

更新情報

人気ページ

人気料理

ハリネズミ

  1. 人気ページ
  2. 人気料理